2017年8月6日日曜日

直感と直観、湯川秀樹と小林秀雄の対話から

『直観を磨くもの』(新潮文庫710)、小林秀雄の対話集を読んでみた。各界を代表する人物の中でも、湯川秀樹との対談になると、小林の鋭い直観が空振りし始める。湯川は科学者らしく、そうかもしれぬがそうでないかもしれぬと、返答はのらりくらりとして、エントロピーを巡る人間の直感に付け入る隙を与えない。小林が困るのは、評論しようとして持前の直観で物言うのだが、それが相手に通じない。第三者の立場を想定した、謂わば観測者の物言いが退けられる、壁に撥ね返されるからである。理性の因果律を巡りやり取りされる中でも、確率論となると熱い火花が散り始める。小林には、パスカルの『パンセ』(実験的精神の、賭けとしての確率論)が脳裏にある。
 では、科学者に、直感や直観は無いのだろうか?科学の真理は直感や直観の対象でないと云うことか? 湯川秀樹だけでない、チャールズ・サンダース・パースも科学職の人である。先行認識なしに物事の認知は成立しない。直観の介在を認めないのは、専ら連続性の確信からである。それもまた、科学者の直観ではないのか、数学的直観があるではないかと、最後まで疑問が残る。
実は、達磨の壁観(へきかん)は直観の対象でないのか。そうでないとすると、どう違うのかを考える中で、パースのことが思い起こされた経緯がある。達磨の禅に、近代のプロテスタント宗教改革を偲ばせるものがあるのは何故だろうか、現在考え中である。ジョン・パースは、ニューイングランドに移民した清教徒(ピューリタン)革命世代の人である。ジョンの孫にあたるチャールズ自身の確信には、理神論(デイズム)的認識の合理的枠組みがあり、それが下敷きとなって彼独自のカテゴリー論を形成しているのではないか。『資本主義の精神とプロテスタントの倫理』(マックス・ヴェーバー)の担い手を巡り、再考の余地がある。
手許には考えるヒントが多くあり過ぎて、落ち落ちと居眠りなどしてはおれない、もったいない。心も体も躍動する毎日で、手掛けている書物(『史的ダルマの研究』)も六百頁に近く、これより七百頁目に入る。今年はマルティン・ルター宗教改革五百年祭というが、本年中に出版に漕ぎ着ければ光栄である。

Shigfried Mayer(宮村重徳), copyrights © all reserved 2017, the Institute for the Interpretative Sociology Tokyo

2017年7月18日火曜日

死は生き方の最後の挑戦、日野原重明氏の逝去を悼む

 七月十八日(火曜)の今朝、日野原重明さんが呼吸不全で百五歳の生涯を閉じられた。日野原さんは聖路加病院の院長を長く勤められた。クリスチャンだということもあり、牧師在任中の以前から注目していた一人、人間ドッグやターミナル・ケア(終末医療)で知られる。命の大事さ、生と死に向き合う仕方を教え、死は生き方の最後の挑戦だと、最後まで溌溂(はつらつ)とお語りになっていた。御著書『百歳からの健康法』を読み、テレビのインタビューでのお話を伺って、ずいぶん勉強させていただいた。例えば、今でも何かを料理したりカップ麺を食したりする際に、必ずオリーブ油を加えるようにしている。自分に対しても誰に対しても、ターミナル・ケアの心で接するようにしている。それもこれも日野原さんに学んだことである。ご冥福を祈り、遺されたご家族に心中より哀悼の意を表したい。


2017年7月7日金曜日

小池都知事の都民ファースト勝利の理由と今後

 先日行われた東京都議選では、小池百合子東京都知事の率いる都民ファーストの会が歴史的勝利を収めた。これは、新保守主義への期待故であろう。共産党の票は伸びたが、新進党の票は伸び悩み、相変わらず革新勢力は落ち目である。他に政権を委ねる選択肢が国民の目には無い、と映っている証拠だ。
 若者たち、自然と社会のコンフリクトにもっと注目せよ。社会集団というのは、いつもそうだが、差し当たりまた大抵は保守的なのだ。技術で自然を制御できると確信する勢力だけがモノを言う世界。革新的精神では到底飯を食っていけないというのが本音だろう。君たちは、国会での崢論(じょうろん)や選挙の結果を見てどう思う?その傍目に人間の愚かさをあざ笑うかのように、台風6号が猛威を振るう、多くの人の命が奪われ家屋が破壊された。この無差別な大自然の動きに賢く対処できるような、強靭で柔軟な社会精神を体現する政治家がいない!将棋や卓球の若い世代に負けていられない、自ら志して、大自然と対話し格闘できる社会人を目指せよ!ルターの宗教改革の五百年目に当たる今日、改革精神の論議はその後でいい。

小達磨、三郷にて

2017年6月20日火曜日

歴史はパートナーを選ぶ、元ドイツ首相コール氏に哀悼の意を

 616日(金曜日)に、かつてのドイツ首相ヘルムート・コール氏が亡くなった。心より哀悼の意を表したい。私がまだドイツに居た1982年に首相に選ばれ、わたしの帰国後に例の東西ドイツの壁が崩壊する事件の立役者を務めた人である。ヘルムート・シュミット氏が相手だったら有り得なかったであろうことが、ヘルムート・コール氏だったからこそ、当時のソビエト連邦大統領ゴルバチョフ氏との精力的な交渉に成功したのだろう。歴史はパートナーを選ぶ、これは本当の話だと実感する次第である。

2017年5月26日金曜日

官僚に負けた政治の未熟な体質(その二)

 今から五年前、201211月のブログに『失敗した政治主導の「駆け込み寺」』と題して論評したのは当時の民主党についてだった。官僚依存からの脱却を謡いながら失敗した民主党政治の付けではないかと疑わられたからである。今回は、官僚の前事務次官に暴かれた自民党政治の問題である。森本学園の認可問題から飛び火して、加計学園の国家戦力特区に獣医学部を増設する案件を巡り、「官邸の最高レベルが言っている」ことだとして圧力があり、理由不十分のままに、最後は「内閣府に押し切られた」事情を明かし、内文書が事実あったことを強く主張している。官邸側はこれを否定し「文書は確認できない」と云うのみ。前事務次官の前川嘉平氏は、「文書は確かにあった。あったものを無かったかのように言うことは出来ない」と猛反発している。いずれ証人喚問があれば、国会で真実が明らかになるだろう。都合の悪い事実はこれを隠蔽して憚らない。無理を承知でそういった文書は無かったものとする・封印するのは、周知の保守政党の常套手段である。言葉を粗末にしているから、そういった直対応で本音を隠し通し、追究されるとひたすら言い繕うのみ。憲法改正についても同じ轍を踏んでいる。平和憲法の不戦の誓いを曖昧にして、自衛隊の定義を盛り込み、戦争行為を肯定し賛美する真意をひた隠しにして、平和憲法の不当な合理的解釈が密かに断行されようとしている。怖いことである。若者たち、目を覚ましていなさい。有事と成れば、さっそく君たちが戦場に送られることになる。そうならぬ前に、良心に基づいて抗議の声を上げる必要がある。大原社会問題研究所は、いつも君たちの味方だから、何でも相談してほしい。

2017年5月5日金曜日

社会学の基礎用語(その一)、事実と現実について

デュルケームの「社会的事実」(fait social)で知られている通り、事実(fait =Faktum)は社会学用語ですね。事実性(Faktizität)は、例えば、某会社倒産という噂は事実か、それとも事実無根なのか。所与としてある言説の真相がどうなのか、端的に本当か嘘かと問い質されています。社会事実の嘘を暴く、隠れた事実は容赦なく暴露される。その反対に、限りなく疑わしいか、誰が見ても明白な事実なのに隠蔽されていることがあります。例えば、19世紀の欧州で増えた自殺統計が社会矛盾を露呈して、庶民に衝撃を与えたことは周知の事実ですね。初期ハイデガーが『オントロギー(事実性の解釈学)』講義でみせた事実性の解釈が、覆われの無さだとする真理の理解に通じるのはその為です。
これに対して、現実や現実性(Wieklichkeit)と云うのは、自然科学や精神科学が問うことで、夢や理想なのか現実のことなのか、ヴェーバーは「理想型」(Ideal-typ)を立て「現実型」(Real-typ)に対置しています。ヴェーバーは理想型を追求しますが、経験妥当性を求め取り組む姿勢では現実科学的です。他方、現実性(Reality)は実在性と訳します。アーレントが云う現実性(Aktualität)は、政治的領野での活動的現実性のことです。この三つはしっかりと区別できるようにしておきましょう。詳細は次回に、今日はこれまでとします。質問があったらどうぞ。

2017年4月20日木曜日

ダルマの壁観論、ドイツ語訂正版をアプロードしました

 お待たせいたしました。昨年公開したドイツ語論考『ボディ・ダルマの壁観論‐身体存在の自己経験』をアプロードしました。刊行物での誤字・脱字等を訂正したもので、今日より獨協大学外国語学部ドイツ語学科オリジナル・サイトより、ダウンロードが可能です。お読みいただければわかるように、ダルマの壁観は、柳田先生がおっしゃるように、空の実践です。ただ、身体存在の自己経験を批判的に捉えても、これを否定するものではありません。身体性を否定すると、グノーシス主義に陥ります。そうならぬよう、無我の実践をケノーシスとの関連で説き起こしています。無我説の身体現象学的考察です。近日中に出版する書物(その邦訳を含む公開済みの論文集)で詳細はご理解いただけるはずです。ご批評いただければ光栄です。

2017年4月4日火曜日

『史的ダルマの研究』出版のお知らせと予約、サポートのお願い

長年手掛けてきた『続・史的ダルマの研究‐安心壁観への道』(論文集)がついに完成、500頁ほどになります。出版形態については今考慮中です。今より、オンラインで予約を受け付けます。関心がおありの方は、わたし宛にメールしてください。出版前の予約には割引の特権があります。なお出版費用(最低200万円)の捻出について、読者の中でサポートしてくださるご意志のある方を探しています。宗門は問いません。どうぞよろしくお願い申し上げます。4月7日(金)更新
→ shigfried@tbm.t-com.ne.jp

2017年3月23日木曜日

テクスト研究から事実性の解釈学へ、現存在の峠道をたどる

 テクスト研究なのに、およそテクスト研究らしくない、現存在の解釈学への道のりを、新年度に向けて、若きハイデガーに探っています。「ナトルプ報告」で周知のアリストテレス的現象学の解釈に、食も忘れ寝るを惜しんで、思索に執筆に没頭しています。冒頭の「オントロギー」(存在論)は解体の対象で、本来の主題は「事実性の解釈学」ですね。「解釈学」(ヘルメノイティーク)は、かつてのわたしの作業場、懐かしい工具が散在している旧い工房です。「理解社会学の工房」という名称も、そろそろ改めないといけないかもしれない。いくら年をとっても、傍目に無一物でも、ほらこんなに溌溂としておれるのは、背中を押すように働いて止まないモノが現に其処に有るから。


2017年3月7日火曜日

〈実学〉でも〈無学〉でもない、〈一般社会学言論〉特殊講義

〈実学〉とは、実生活に役立たせることを目的とした学問のことで、文部科学省のお勧めにある。例えば、工学・医学・薬学・農学・法学・経済学・教育学などの諸部門。日本の大学では、哲学や歴史学・文学・宗教学など、人文系の学問分野は(実生活に役立たないという理由で)〈無学〉に等しく、それ以外は、概ね〈実学〉である。
 大事なことは、君たちが何を以て生きるのか。職業や人生行路の選択に欠かせないこと。ぶれない人生を送るには、軸の安定性が求められる。他方、心の病にかかり寝込まない為には、日頃からしなやかな体つくりが必要となる。心身の造りを学ぶことが、昔は〈教養学〉と呼ばれていた。今日では、大学改革の名目で教養部解体が進み、心身の造り方を学ぶ機会が何処にも見当たらない。〈無学〉とは、勉強しなくて済ませることでなく、〈無への学び〉である。無への学びは安心を会得する術、無心とも云う。
 社会学がリストに入っていないのは、わけがある。それは、専門分野の分化が進行した結果、諸学は専門馬鹿を再生産するばかりで、利回りに偏った人間のみを輩出して、実際の社会形成に何の役にも立っていない。社会学は諸部門を横断し、語り振る舞いの因果関係を論究するから、とりわけ重要である。社会学は、〈実学〉にも〈無学〉にも属さない。ド・ソシュールの『一般言語学講義』とヴェーバーの『理解社会学のカテゴリー』に基づいて私が提唱し展開する〈一般社会学言論〉講義は、〈実学〉と〈無学〉の大事なポイントを橋渡し転轍する役目を担っている。
 早速、2017年度の獨協大学ドイツ語学科での「テクスト研究」にこれが反映される。春学期は「若きハイデガーの『存在論‐事実性の解釈学』(1923)を、秋学期は「プラトンの洞窟の譬喩解釈」(1931 /32)を取り上げる。これは到底〈実学〉とは言えない、当然〈無学〉に迫るが、それに留まらない。存在論解体のその後をにらんで、〈一般社会学言論〉の立場から、東西世界に跨る現象学運動の因果(語り振る舞いの影響史的関係)を究めることになる。関心のある諸君の受講を期待している。
3月27日(月)更新

2017年2月14日火曜日

権威への畏怖と混乱の果てに

やはり、権威の座に就く人次第ですね、国際社会全体がこんなに右往左往する、せめても瓢箪から駒を期待する人までいる。当世の世界政情は、トランプのアメリカン・ファーストで混乱する一方で、欧州ではメルケルのジャーマン・ドリームが沈静化する。難民たちが労働市場に定着するといいですね。
今回のブログは、スタニスラフ・アンドレスキー『魔術としての社会科学』(1972年)に注目します。
「権威が畏怖の念を引き起こす限りは、論理の混乱と不合理は社会の保守的傾向を助長する。第一に、明晰かつ論理的な思考は知識の蓄積を齎し(自然科学はその好例だ)、知識の躍進がいずれ伝統的秩序を掘り崩すものだ。ところが他方では、混乱した思考は特に我々をどこかに導くわけでもない。その分気楽に留まることが出来るが、それは世界に何の衝撃も与えない。」(熊谷訳を修正、私訳した)。何の感動も衝撃も与えないとはどういうことか、よく考えてみてください。

2017年2月1日水曜日

「塗りつぶし現象」の果てに見えてくるのは

故事に、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」(He who hates Peter harms his dog.)とある。ドイツ語では、Jemanden wie die Pest hassenくらいしか思い浮かばないが、英語の文例には事欠かない。最近のハイデガー情報は、黒一色にベタ塗りの傾向にある。ウィキペディア・サイトがその典型だが、何が何でも黒づくめにしないと我慢ならない人たちによる、塗りつぶし現象と云える。Blacking outで、背景を黒で塗りつぶす。Blotting outとすると、全体を黒塗れにすること。Blot outは、インクなどの染みを付ける、名声や風景に恥となる汚点を付けることである。尊厳性を貶めても、まだ修正可能な状態にある。これがDaubing with blackとなると、膠(にかわ)で塗り付けて、黒い染みが剥(は)がれないようにする。剥いでも痕跡が残る。
ナチス政権時代の悪夢を払拭する為に、事実関係をよく確かめもしないで、疑われる関係者の名前を冠した通り名や住所名を書き換えるか削除する動きが、ドイツの各地で最近目立つ。バーデン州のフライブルクにある「ハイデガー通り」の改名もその一例である。これも塗り潰し現象の波及効果と云える。因みに、人目に晒すと都合の悪い書類の一部が塗りつぶされた文書をmasked Documentsという。ドイツ語ではmaskierte Dokumente, 謂わばdas Man”(世人、アノニマス)好みの文書保管形式である。
 一言だけコメントしておくと、「存在の真性」を問うたハイデガーの思惑とは裏腹に、青年時代を戦時体制下で生きた環境との係わりだけで、真理への問い自体を不問とし、記憶から葬り去る行為に等しい。冷静なハイデガー評価は、同時代の哲学者オイケンやその直弟子シェーラーと比べることで、しかも絶対比較級でのみ言い表し得ることだろう。「情に棹させが流される。知に働けば角が立つ。」(夏目漱石『草枕』の冒頭にある言葉、1906年、青空文庫)。しかし、ネットに流されている情報だから確かだと勘違いしてはいけない。原書を手に取り、読んで自らの目で確かめよ。他人の文言を借用して、あたかも自分の意見であるかのように主張してはいけない。根も葉もない情報を鵜吞みにしたり、有らぬ風評に流されたりしてはいけない。ネット上のご意見番を信用するな。その為に何が必要か、与えられた自分の悟性を使い、自らよく考え、噂の因果関係を確かめ、発話の真偽を判断せよ!いわゆる『黒ノート』(Martin Heidegggers Schwarze Hefte, Suhrkamp, stw2178, Berlin 2016)に目を通した限りでの取り合えずの読書感想文として。
201721日(水)、Shigfried Mayer(宮村重徳)、三郷にて


2017年1月22日日曜日

野性的手腕に期待もパンドラの箱か、偽情報を見極めよ

私が新聞やテレビのニュースで最初に眼を通すのは、いつも外国欄からです。四十五代目のアメリカ合衆国大統領にトランプ氏が選出され就任式が終わったばかりですが、反対派のデモも数多く報告されており、今後はしばらく抜き差しならない状況が続くことでしょう。SNSで流される情報が嘘か本当か、見極めるのは私たち自身です。ニュースの出所を疑うことが肝心です。大量の偽情報をツイッターに流すことをプロとしているお抱えの人たちがいるからです。ビッグデータについても同じことが言えます。携帯に流される偽情報に惑わされず、また振り回されないように注意したい。選挙結果を見れば一見してとんでもないことですが、初の女性大統領誕生よりも、野性的手腕への密かな期待を持つ人たちがいることも否めません。選挙も一種の賭け事です。歴史が動いた、どちらの方へ?差別主義的発言など、表向きの言動に囚われず、何が政策的に立案され実現されるか、米国内は勿論のこと、特に外交面での戦略の妥当性が問われます。云う処のディール(政治的駆け引き)で世界平和が維持できるとはとても思えませんが、公共の正義と公平がどうなるのか、今は事態の成り行きを慎重に見き分けたい。

2017年1月9日月曜日

百二十三万人の君たちに、成人おめでとう

 ゆとりとさとりのプラチナ世代、お付き合いは下手だけど、「プア充」(清貧で充実)でそれなりに輝いてるね。社会に溶け込むには苦労するけど、課せられる役割をしっかり演じれば、縁は向うから君たちを求めてくるよ。ちょうど、打者が球を呼び込む苦気持ち(無心)で臨めばそうなるように、球筋が見えてくればしめたもの。直球にもどんな変化球にも対応できるようになる。欧米並みに成人年齢が18歳に引き下げられると、力強い仲間が増える。

2017年1月1日日曜日

年頭所感:心の偏りを退け無心で臨めば夢かなう

全世界の読者の皆様に、新年のご挨拶を申し上げます。昨年と同様に、今年も理解社会学の工房をご愛読賜りますようよろしくお願い申し上げます。

工房七周年目に当たり、個人的には、人生節目の折り返し点に当たる峠に立ち、「史的ダルマ研究」の集大成に向けて、試論を卒業し本喝(「論文集」刊行)を宣言します。その確かな一歩を踏み出す為に、今年は対話のルール、心の偏りを退け無心で臨めば夢かなうをモットーにして、精進していきたい。出版費用調達へのご協力をお願いしたい。
欧米の読者に申し上げたい。予測不可能な未曽有の政治事件も界面上のこと、荒む波間に浮沈するも、芦葉達磨(あしばだるま)のように大河を渡航して安心無事、巷の風聞(ジャルゴン)に翻弄されず、己の不始末を記憶装置から抹殺しようと形振り構わぬ大衆にも幻惑されず、無限遠の彼方にある壁に無の絶対音感を聴き届ける一年、アーレントでもはっきりとしていなかった《壁観的生》即《活動的生》の元年としたい。
ダルマ現象を世界の文化遺産として捉え直すと、敦煌に眠る膨大な多言語伝承が鮮やかに生き返ってきます。さしあたり今年は神秀(じんしゅう)の読み直しから始め、日本達磨宗の初心に迫ることにします。東西宗教の出会いを綴る言語事件の歴史から、二十一世紀の展望が開けてくると確信する次第です。2016年1月9日(月)更新