2013年3月6日水曜日

ジェネレーション・ギャップの秤値は、乱数それとも定数?

【3月17日更新】
 少子化社会だからこそ、世代交代の如何にが問題となります。世代の考察には、通常プランク定数(Planck's constant)が参照されています。プランク定数は、ドイツの量子力学者マックス・プランクの立てた理論(光子のエネルギーが振動数に比例する定数)です。物理学の公式が苦手な読者も多いと思うので詳細は省きますが、定数は理論値でなく実測値で通常4年とされており、それもコンピューターを使った計測機器の技術向上に伴い、実測し予測する精度は増し範囲は拡大していきます。世代考察の単位を4年とするのは、それだけあれば計測精度に改善の余裕があり、その検証に十分な時間が割り当てられ得ると考えて決められた期間、あくまでも計測上必要且つ十分な条件を満たす、その意味で有意な任意の期間です。
 失われた二十年の世代の20という数値は、実は予測可能な理論値でも実測値でもありません。バブル崩壊後の結果、経済不況(デフレ)に陥ってから遡って計られた経験値に基づく判断で、仮に4 x 5 = 20とみれば、プランク定数の振幅度の範囲内であると言えます。親の世代・子の世代・孫の世代を考えれば、20年を一単位として20 x 3 = 60(年)という変域を設定することができそうです。しかし、一世代という時の単位は、一般に30年とされています。例えば慣習上、一世代前とは30年前のことです(a generation ago = 30 years ago)。なので、二十年の世代の20年は予測された実測値でなく、あくまでも事後的に振り返って得られた秤値、つまり経験値だというのです。その証拠に、これは他に例のない日本だけの世代現象です。
 ではここで問題です。よく聞くジェネレーション・ギャップ(generation gap)は、何年を単位として計測されることでしょうか?家族単位でみれば、複数世代の問題(the multi-generation concerns of the family unit)となります。上記の通り一世代を30年とすると、孫の世代まで30 x 3 = 90(年)あり、複数年がオーバーラップ(overlap)します。そこで、30からオーバーラップの偏差を10として差し引くと、(30 – 10) x 3 = 60(年)となりそうです。最低60年もあれば、親・子・孫まで顔と顔とを合わせてジェネレーション・ギャップを確認し調整し合う時間が十分あり、隔たりを埋め合わせることができるでしょう。
 核家族化した最近では、事態はもっと深刻です。君たちよりもっと若い世代では、10年単位でジェネレーション・ギャップを感じるというアンケートデータさえ出ています。60年から10年への圧縮は、世代間の相互理解に深刻な影を落としています。いずれであれ、計測の基本は4年でいい。これは上記したように、世代の格差を計測するに必要にして有意な任意の期間に過ぎません。職場単位でみると、新卒者を社員として採用するたびに(つまり毎年)ギャップが生じるというわけではないので、これも4年ごとを単位(サイクル)として計測するのが妥当で、さしあたりの目安と言えるでしょう。
 さて、どんなギャップが感じられるか、どのような理由からそうなのか、世代ごとに個別差がありそうです。そこで、ブログの読者に質問します。あなたはどの年代の人にジェネレーション・ギャップを一番強く感じますか?よければご自分の年齢と、その理由を聞かせてください。

Shigfried Mayer(宮村重徳), copyrights all reserved 2013, the Institute for Rikaishakaigaku