Personal Profiles and Copyright Info

宮村 重徳
Shigfried Mayer
(Nickname: Shigi)

理解社会学研究所・所長、開業(起業)カウンセラー、法政大学大原社会問題研究所嘱託研究員、獨協大学外国語学部ドイツ語学科非常勤講師、社会福祉法人千歳会吉川団地保育園チャップレン、ベンチャー「花紐社」(かちゅうしゃ)代表

1973年、東京神学大学中退後、ドイツ・テュービンゲン大学に留学(編入学)
1973ー1979年、テュービンゲン大学ユダヤ教研究所(現: 後期ヘレニズム史とユダヤ教研究所)の副手
1984年、テュービンゲン大学神学部卒業、修士課程修了、Magister  der Theologie

専攻: 「神学と哲学」解釈学に始まり、軸足の「転回」(ハイデガー)を経て、現在は「理解と解釈」社会学(ヴェーバー)研究に専従しています。
研究領野は、宗教哲学、宗教社会学、歴史社会学、社会言語学或いは言語社会学(「一般社会学言論」講義は、「社会学の言語」を共時的・通時的に問う点で、社会思想史の領野を包摂します)

所属学会: 日本宗教学会、「宗教と社会」学会


【著作権情報】:
ブログの参照及び転載は自由ですが、筆者名は明記しておいて下さい。上記法政大学紀要(「多摩論集」)掲載の諸論攷については、私的研究目的以外で の無断転載や流用はご遠慮下さい。リンクはご自由にどうぞ。国内外の何処であれ、著者の許可無しに複数の第三者に見える形で論文全体を複写し参照させるこ とは、著作権保護上禁じられています(すでに、一部の中国系サイトで見受けられます)。如何なる目的であれ、長文で引用される場合は、その旨を著者である 私にご連絡下さい。長文また全文でのブログの記事引用も、基本的には同様です。無視可能な「暗黙の了解」事項としてでなく、これが言葉の厳密な意味での 「諒解ゲマインシャフト関係」を、グローバルなネットワーク世界に構築する試金石だということを、互に自覚する必要があります。「一般社会学言論」の実践 課題は、すでに此処で始まっています。

Copyright (C)1997-2014, all rights reserved by Shigenori Miyamura (宮村重徳)

「著作権とは何か」についての詳細は、JAC一般社団法人「学術著作権協会」のサイトで知ることが出来ます。ぜひご一読下さい。
→ http://www.jaacc.jp/what_is_copyright/