2017年9月10日日曜日

蝉の抜け殻同然の国に日本人が旅行しないわけ

  ネットで話題の主題(中国人が不思議に思う、「なぜ日本人は中国に旅行しないのか」)について、一言ツィートする。遣隋使に遣唐使、隋・唐・宗の中国は達磨禅の精神で躍動し輝いていたから、旅して学ぶに十分な魅力が巷に満ち溢れていた。今の中国は金漁りばかりで心が無い、資本主義の殻を纏っているが、肝心の資本主義の精神に当たるものが見当たら無い。共産主義も名目ばかりで、毛沢東の精神さえ失われて跡形も無い。信教の自由も表現の自由も統制され、まったく保証されてい無い。どこも無いない尽くしである。残念だが、蝉の抜け殻も同然の国に、誰もあえて旅行したいとは思わない。何も学ぶものが無いから。上辺のイメージを塗り替えても駄目だろう。そう思うのはおそらく私だけではない。日本人の多くがそう感じていよう。
〔追記:〕こう云うのは、中国の友人たちに奮起を促し、栄えある自国の精神文化を見直し、掘り起こしてもらいたいからである。物質的繁栄の技術は盗めても、精神文化の技法は盗めない。学ぶ心が無いと修得できないことは、中国と日本の交流史でも周知のこと。「文化大革命の失敗から学ぶ」謙虚な姿勢が大事ではないのか、改めて中国の友人たちに問いたい。政治は国民の為にある。党派の為に国民が犠牲になるのは本末転倒であろう。

2017年9月4日月曜日

シュライエルマッハー『弁証法』講義、逸話は未渡し分の覚書

十二年間のドイツ留学中に、シュライエルマッハーの『弁証法』講義ほど、感銘を受けたものは他にない。ユンゲル教授の指導の下で逸話は尽きない、二年半有余の歳月をこの書だけに打ち込んだゼミナーの記憶がまだ生々しい。大学の所属先に関係で一度も取り上げることが出来なかったが、九月に始まる獨協大学での最終講義、秋学期のテクスト研究でこれを取り上げる可能性があることをつけ加えておきたい。逸話はアネクドーテ、接頭語のアでエクドータを否定して、未渡し分・未公開のお披露目である。
前回のブログでは、ハイデガーの『プラトン講義』に代えてヴェーバーの『理解社会学のカテゴリー』を講読すると宣言したが、学生諸君が望めば、こちらを選択する可能性もある。オーデブレヒト編集の『弁証法』は、「対話弁証法」のモデルとなった書物である。内奥的自我であれ社会的自我であれ、自他と向き合い対話するに、助けとなる手摺があると有り難いもの。

2017年8月25日金曜日

赤と黒の資本主義、貧富の格差社会に不在の精神を探る

 精神無き資本主義は蝉の抜け殻、赤と黒の何方(どちら)に転んでも針の筵(むしろ)である。獨協大学に勤務して今年でちょうど三十年目になる。最後となる秋学期は、予定を変更して、ハイデガー講読の続きに代えて、マックス・ヴェーバーの『理解社会学のカテゴリー』をテクスト講読することにした。わたしの人生を左右した一書である。冒頭で、蜜蜂マーヤのアニメを観賞し、理解社会学への手引きとする。今日第四次産業革命の旗印のもとに導入されるインダストリー4.0で、いったい経済社会の何が変わるだろうか。精神無き資本主義は蝉の抜け殻、人間不在に秋波が靡く中で、はたしてインダストリー4.0の導入で、不在の仕方で働くモノ、資本主義精神の復活はあり得るだろうか。ヴェーバーの『理解社会学のカテゴリー』構想は、意外なヒントに留まらず、またとない理解と実践の鍵を提供する。関心ある諸君の受講を期待する。

2017年8月6日日曜日

直感と直観、湯川秀樹と小林秀雄の対話から

『直観を磨くもの』(新潮文庫710)、小林秀雄の対話集を読んでみた。各界を代表する人物の中でも、湯川秀樹との対談になると、小林の鋭い直観が空振りし始める。湯川は科学者らしく、そうかもしれぬがそうでないかもしれぬと、返答はのらりくらりとして、エントロピーを巡る人間の直感に付け入る隙を与えない。小林が困るのは、評論しようとして持前の直観で物言うのだが、それが相手に通じない。第三者の立場を想定した、謂わば観測者の物言いが退けられる、壁に撥ね返されるからである。理性の因果律を巡りやり取りされる中でも、確率論となると熱い火花が散り始める。小林には、パスカルの『パンセ』(実験的精神の、賭けとしての確率論)が脳裏にある。
 では、科学者に、直感や直観は無いのだろうか?科学の真理は直感や直観の対象でないと云うことか? 湯川秀樹だけでない、チャールズ・サンダース・パースも科学職の人である。先行認識なしに物事の認知は成立しない。直観の介在を認めないのは、専ら連続性の確信からである。それもまた、科学者の直観ではないのか、数学的直観があるではないかと、最後まで疑問が残る。
実は、達磨の壁観(へきかん)は直観の対象でないのか。そうでないとすると、どう違うのかを考える中で、パースのことが思い起こされた経緯がある。達磨の禅に、近代のプロテスタント宗教改革を偲ばせるものがあるのは何故だろうか、現在考え中である。ジョン・パースは、ニューイングランドに移民した清教徒(ピューリタン)革命世代の人である。ジョンの孫にあたるチャールズ自身の確信には、理神論(デイズム)的認識の合理的枠組みがあり、それが下敷きとなって彼独自のカテゴリー論を形成しているのではないか。『資本主義の精神とプロテスタントの倫理』(マックス・ヴェーバー)の担い手を巡り、再考の余地がある。
手許には考えるヒントが多くあり過ぎて、落ち落ちと居眠りなどしてはおれない、もったいない。心も体も躍動する毎日で、手掛けている書物(『史的ダルマの研究』)も六百頁に近く、これより七百頁目に入る。今年はマルティン・ルター宗教改革五百年祭というが、本年中に出版に漕ぎ着ければ光栄である。

Shigfried Mayer(宮村重徳), copyrights © all reserved 2017, the Institute for the Interpretative Sociology Tokyo

2017年7月18日火曜日

死は生き方の最後の挑戦、日野原重明氏の逝去を悼む

 七月十八日(火曜)の今朝、日野原重明さんが呼吸不全で百五歳の生涯を閉じられた。日野原さんは聖路加病院の院長を長く勤められた。クリスチャンだということもあり、牧師在任中の以前から注目していた一人、人間ドッグやターミナル・ケア(終末医療)で知られる。命の大事さ、生と死に向き合う仕方を教え、死は生き方の最後の挑戦だと、最後まで溌溂(はつらつ)とお語りになっていた。御著書『百歳からの健康法』を読み、テレビのインタビューでのお話を伺って、ずいぶん勉強させていただいた。例えば、今でも何かを料理したりカップ麺を食したりする際に、必ずオリーブ油を加えるようにしている。自分に対しても誰に対しても、ターミナル・ケアの心で接するようにしている。それもこれも日野原さんに学んだことである。ご冥福を祈り、遺されたご家族に心中より哀悼の意を表したい。