2018年4月1日日曜日

忖度から諒解へ、歪んだ官僚政治を終わらせる試金石

四月は仕事初めのフォール・トゥ・ワーク、四季上のフォールは秋の色。色づいた物の落下(フォール・ダウン)から一件落着(セトルメント)のホットな話題に至るまで、たいていは第三人称の物(非生物)が主語で、人が主語となることは稀(レア)である。
二者間の談話と異なり、落とし前を付けるのはやくざな話でない。セリで値引きを狙う複数人相手に商い人のすること。前置詞句のフレーズが複合的に構築されて詰めの山場を迎える。単独交渉のディールから多国間交渉へ複数いる手強い相手にネゴシエーションするテーブル・トークに場面が切り替わる。国際政治ではトランプ一族の独断場に陰りが見え、国内政治では公文書改竄の森友事件を機に、安倍一族の断末魔の叫びが聴こえる。四月は仕事初めのフォール・トゥ・ワーク、内外の政治舞台も見苦しい臆面なき〈我こそ彼〉の脚本を終わらせ、溌溂として働くモノが主語となる、国民主権に基づく民主政治の勘所を取り戻し、新たな世代頭の〈彼こそ我〉を表舞台に、安心と信頼の社会に切り替える年度初めとしたい。忖度(そんたく)から諒解(りょうかい)へ、主役・脇役の世代交代が期待される。影の自己・国民の願いと叫びを聞き届けることから、真のデモクラシーは始まる。4月13日(金)更新


2018年3月10日土曜日

無名教師の三十年に賞状・感謝状を頂き感無量

獨協大学に勤務して三十年、一昨日学科主催で送別会あり、感謝の言葉に添えて花束と寄贈品を頂きました。加えて大学より永年勤続の賞状・感謝状まで頂き、感無量です。一介の無名教師、非常勤講師に感謝状とは世界でも前例のないこと。日本に良い思い出を残すことが出来ました。これからは、無名法師の小達磨として生きていく所存です。
Shigfried Mayer(宮村重徳)

2018年2月26日月曜日

自分の利に偏らず、惑わしにも乗らず、真実一路を生きる

 自利に偏らずよく利他し、実(まこと)しやかなスパムメールの誘いごとに惑わされず、迷わずに真実一路を生きることが大事。情報社会には仕掛けられた罠(わな)が多い。本当と嘘を見分けることは決して簡単なことではない。普段から悪を悪としないで、本音では悪いと思いたくない処が内心優勢だと、いつか自分の人生を落とし穴にはめる、墓穴を掘るのはたいてい自分の思い為すことに起因する。内心苦しくても善の道が険しくても、目的合理的に正しい道を歩む心さえあれば、心配は一切いらぬ。結果は後からついてくる。壁に自分の負の遺産がご和算にされるを観よ。安心してゼロから始める、それが壁観(へきかん)して安心無為(あんじんぶい)に生きることだ。

2018年2月12日月曜日

就活・終活のコンサルティング、ホールディング・サービス

 花紐舎(Catch Usher Co.)では、これまでスタートアップ・プログラム(仕事の始め方)をメインに、プラニング及びサポートを実施してきました。これより同時にエンディングノート(人生の終え方)を公開しアドバイスを開始いたします。また、ブログやホームページの終活(しゅうかつ)をコンサルティングします。あなたが亡くなった後もご家族に代わり、一定期間ブログやホームページを引き続き管理運用、ホールディング・サービスを実行します。或いはご希望により完全デリートもいたします。ネット上のダルマ霊園は、今現在準備中の永大供養の電子版です。ご予約ご要望の際は、お気軽にご相談ください。いずれ機を見て、海外子女の方で帰国後落ち着く先の無い方々の婚活のお手伝いもできるようにしたい。4月18日更新

2018年1月28日日曜日

氷結路、滑り方に転げ方、上手に丈夫でみな安心

 今年は戌年(いぬどし)。「アイスバーン、犬も仏も、すべってござる。」(拙句)。滑り方・転げ方を学習すれば、怪我をしないで済む。厳寒の折り、氷結路に柔(やわ)らの術、滑り方に転げ方、上手に丈夫でみな安心。