2018年5月20日日曜日

自給自足の家政学の勧め

 私的領域での仮名遣いは、女性たちが活躍する場となった自給自足の家政学(ハウスキーピングのエコノミクス)に起因すること、プラトンの洞窟に立て籠もる「男」の哲学者(ハイデガー)を意識して、女性ハンナ・アーレントが後に『活動的生』で指摘するアクチァルな政治社会的事実関係を鑑みれば、私的領域と公共性の空間に跨(またが)る場所論的主体の発話行為を論じること無しには、ありきたりの通説などでは、とうてい痒(かゆ)い処に手が届かない。女性の方々には、自給自足の家政学をお勧めしたい。

2018年5月6日日曜日

ネット依存症を自分でどう直す?

 子どもたち、ネット依存症を治す薬はありません。ネットゲームは楽しいからね、楽しみを減らす自己逓減法(じこていげんほう)しか方法がないかも。楽しみたいけど、少し我慢して5時間を3時間に減らすとか、自分にできる処から始める。短期の目標を立てて達成感を充実させる。コントロール(制御)するのは自分しかいない、でしょう?大事なことは、楽しくないかもしれないけど、面倒なことや不愉快なことでも引き受けるようになればグット。人生はいつも楽しいゲームのようにはいかないから、あらかじめ苦と楽を選別せずに、自分に期待されていることを受け止め学習するだけでベッター。自分で目標を立てて実践する、その意気さえあげれ大丈夫、あとはすこし我慢さえすれば、自分がよくコントロールできるようなるとベストだと思うよ。「だるまさんがころんだ」と、友達や親子で外で一緒に遊べるようになるといいね。
  追記:新聞各紙で、ネット依存症の話が持ち切り、全国で52万人以上の中高生がネット依存症で苦しんでいると報じられている。予備軍まで含めると、中高生の七割に近いという。四十代・五十代の世代の親も他人ごとでない。親子で苦楽は分かち難く、人生の影を象るから、自分の子供たちとしっかり向き合い、自らの姿勢を以て子どもたちの難局を共に乗り越えてもらいたい。

2018年4月29日日曜日

怪しげな国際平和ショーに目を凝らし、真偽の証を見とどけよ

  実績からすると偽装平和ショー、期待では朝鮮戦争以来休戦中の戦争体制の終わり。南北朝鮮首脳の合意した平和宣言が実るかどうか、北朝鮮主導がいまいち怪しい。駆け引きの装いもまだぬぐえず、最後まで予断を許さない。歴史の変動を体験する貴重な事件。子どもたち、平成時代の最後となるかもしれないこの事件、しっかりと目を見開き、本当か嘘か、歴史の成り行きに注目して、真偽の証を見とどけなさい。



2018年4月1日日曜日

忖度から諒解へ、歪んだ官僚政治を終わらせる試金石

四月は仕事初めのフォール・トゥ・ワーク、四季上のフォールは秋の色。色づいた物の落下(フォール・ダウン)から一件落着(セトルメント)のホットな話題に至るまで、たいていは第三人称の物(非生物)が主語で、人が主語となることは稀(レア)である。
二者間の談話と異なり、落とし前を付けるのはやくざな話でない。セリで値引きを狙う複数人相手に商い人のすること。前置詞句のフレーズが複合的に構築されて詰めの山場を迎える。単独交渉のディールから多国間交渉へ複数いる手強い相手にネゴシエーションするテーブル・トークに場面が切り替わる。国際政治ではトランプ一族の独断場に陰りが見え、国内政治では公文書改竄の森友事件を機に、安倍一族の断末魔の叫びが聴こえる。四月は仕事初めのフォール・トゥ・ワーク、内外の政治舞台も見苦しい臆面なき〈我こそ彼〉の脚本を終わらせ、溌溂として働くモノが主語となる、国民主権に基づく民主政治の勘所を取り戻し、新たな世代頭の〈彼こそ我〉を表舞台に、安心と信頼の社会に切り替える年度初めとしたい。忖度(そんたく)から諒解(りょうかい)へ、主役・脇役の世代交代が期待される。影の自己・国民の願いと叫びを聞き届けることから、真のデモクラシーは始まる。4月13日(金)更新


2018年3月10日土曜日

無名教師の三十年に賞状・感謝状を頂き感無量

獨協大学に勤務して三十年、一昨日学科主催で送別会あり、感謝の言葉に添えて花束と寄贈品を頂きました。加えて大学より永年勤続の賞状・感謝状まで頂き、感無量です。一介の無名教師、非常勤講師に感謝状とは世界でも前例のないこと。日本に良い思い出を残すことが出来ました。これからは、無名法師の小達磨として生きていく所存です。
Shigfried Mayer(宮村重徳)