2018年6月9日土曜日

宗教と科学に未来はあるか、禅キリスト教の可能性を問う

宗教と科学に未来はあるのか。ホワイトヘッドの警句が参考になる。「形式論理学においては、矛盾は敗北を示すものである。しかし実質的な知識の進化においては、矛盾は勝利に向かって進む第一歩を表す。このことは、さまざまの意見の対立をできるかぎり許容すべしとする、ひとつの大きな理由である。この寛容の義務は、「両(ふた)つながら収穫(かりいれ)まで育つに任せよ」という言葉に要約し尽くされている。キリスト教徒たちが最高の権威をもったこの教えに則って行動できなかったのは、宗教史上の不思議の一つである。」(『科学と近代世界』、第十二章)。「宗教も科学も同じ精神で変化というものに対決しえないかぎり、昔日の力を回復しないだろう。」[1] 
変化の無常性に対する態度、無頓着にも見える仏教徒たちの行動についても同じことが言えるかどうか。いずれにせよ、宗教的神秘体験について科学的に真偽をはっきりさせる仕方は寛容性を欠くことになりかねない。動態禅の要は変化への柔軟な対応性にあり、即座の結論は控え常にオープンにしておきたい。禅学の可能性については、最近見た限りでは論点のわかりやすさと正確さにおいて「中野禅塾」の書き込みが注目に値する。中野紀和男氏は、名古屋大学生命農学研究科の退官教授、http://nakano-zenjuku.com/
 



[1] アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド『科学と近代世界』、上田泰司・村上至孝訳、著作集第六巻、二四九頁以下。

2018年6月4日月曜日

ゲームは、はてしない物語、ポーズは、君の心得次第

 楽しいゲームははてしない物語、いったん始めると終わらないね。どこかで区切りをつけてお休みしないときりがないよ。心も体ももたないでしょう?ポーズ(休止符)を打つのは自分ですること、ルールを守るのは他にも大勢いる自分たちの為にすること。こどもたち、終わりを見定めて自給自足の言語ゲ-ムを始めよう。

2018年5月20日日曜日

自給自足の家政学の勧め

 私的領域での仮名遣いは、女性たちが活躍する場となった自給自足の家政学(ハウスキーピングのエコノミクス)に起因すること、プラトンの洞窟に立て籠もる「男」の哲学者(ハイデガー)を意識して、女性ハンナ・アーレントが後に『活動的生』で指摘するアクチァルな政治社会的事実関係を鑑みれば、私的領域と公共性の空間に跨(またが)る場所論的主体の発話行為を論じること無しには、ありきたりの通説などでは、とうてい痒(かゆ)い処に手が届かない。女性の方々には、自給自足の家政学をお勧めしたい。

2018年5月6日日曜日

ネット依存症を自分でどう直す?

 子どもたち、ネット依存症を治す薬はありません。ネットゲームは楽しいからね、楽しみを減らす自己逓減法(じこていげんほう)しか方法がないかも。楽しみたいけど、少し我慢して5時間を3時間に減らすとか、自分にできる処から始める。短期の目標を立てて達成感を充実させる。コントロール(制御)するのは自分しかいない、でしょう?大事なことは、楽しくないかもしれないけど、面倒なことや不愉快なことでも引き受けるようになればグット。人生はいつも楽しいゲームのようにはいかないから、あらかじめ苦と楽を選別せずに、自分に期待されていることを受け止め学習するだけでベッター。自分で目標を立てて実践する、その意気さえあげれ大丈夫、あとはすこし我慢さえすれば、自分がよくコントロールできるようなるとベストだと思うよ。「だるまさんがころんだ」と、友達や親子で外で一緒に遊べるようになるといいね。
  追記:新聞各紙で、ネット依存症の話が持ち切り、全国で52万人以上の中高生がネット依存症で苦しんでいると報じられている。予備軍まで含めると、中高生の七割に近いという。四十代・五十代の世代の親も他人ごとでない。親子で苦楽は分かち難く、人生の影を象るから、自分の子供たちとしっかり向き合い、自らの姿勢を以て子どもたちの難局を共に乗り越えてもらいたい。

2018年4月29日日曜日

怪しげな国際平和ショーに目を凝らし、真偽の証を見とどけよ

  実績からすると偽装平和ショー、期待では朝鮮戦争以来休戦中の戦争体制の終わり。南北朝鮮首脳の合意した平和宣言が実るかどうか、北朝鮮主導がいまいち怪しい。駆け引きの装いもまだぬぐえず、最後まで予断を許さない。歴史の変動を体験する貴重な事件。子どもたち、平成時代の最後となるかもしれないこの事件、しっかりと目を見開き、本当か嘘か、歴史の成り行きに注目して、真偽の証を見とどけなさい。