2013年7月3日水曜日

お色直しに織姫の憂鬱、「よいしょ」せずアンガージュすれば...

【7月7日(日)、七夕、更新】
 以前からそうでしたが、今でも読者の皆様からたくさんのご要望を頂いております。ブログ開設三年目の七夕(たなばた)のよき日に、わたしたちはこれまでと違った双方向性を円滑にする工夫の必要性を感じています。せっかくの「理解」社会学なのに、語彙が哲学的で理解するのが「難しい」、記事がとにかく「長い」、話題が「硬い」・敷居が「高い」といった一方通行のスタイルを改め、今後はツイッターでも追えるように「より短い」、スマートフォンでもキャッチできるように「わかりやすい」、フェイスブックでも共有できるように「乗りやすい」ソフトな話題を織り交ぜ、誰でも参加(アンガージュ)できる開放的対話スタイルに、随時切り替えていきたいと考えております。「理解社会学の工房」に投稿されるブログ記事をご愛読くださいますよう、今後ともよろしくお願い申し上げます。

よいしょせず、アンガージュすれば織姫の、お色直しに一雨雫(ひとあめしずく) 
(短歌:安行鴫子、文責:シュテファニー・クレメンス)
        Anton Kolakovski, Stefanie Clemens, Shigfried Mayer