2016年12月3日土曜日

沈黙の大衆(サイレント・マジョリティー)の賭け

 アメリカ合衆国の次期大統領にトランプ氏が選ばれた背景に、「沈黙の大衆」、サイレント・マジョリティーの賭けが働いていたことは間違いない。経済的手腕を買ったのだろうか。それでも、移民系を排除する排外主義的政策に懸念は尽きない。シリコンバレーのベンチャー企業は、例外なく移民系の創業者たちである。スティーブ・ジョンズにして然り、グーグルやヤフーを生んだのも、移民系の人々の活力の故である。Succes follows people, not the thechnologyとは、それを物語る。トランプ現象が、アメリカの大国主義的経済復興を夢見るだけであればいずれ破綻しようが、意外な展開もあり得る。国際政治に断定は禁物である。大統領就任後に、一抹の望みではあっても、同氏が変身する可能性を、誰も一概に否定することはできない。錆びくれた鉄の町デトロイト周辺の経済復興に成功するかどうか、シリコンバレーに代わる具体策があるのか、お手並み拝見の試金石となる。
 ということもあり、これを機に、世代を風靡する「現象とは何か」を考えてみるのも悪くない。さしあたり、フッサールの現象学(『イデーン』)を学び直すことから始める。フッサールで物足りないと思えば、シュッツから読み始めてもいい。いずれもドイツ語原文での講読会であるが、「無の現象」を真摯に受け止め、社会学言論の対話課題として捉え直すことが目標である。関心があったら、声をかけてほしい。12月6日(火)更新