2015年4月18日土曜日

自我と非我、「予言者的壁観のルーツ」に見える峠道

問い合わせにお応えいたします。2014年の秋に同志社大学にて個人発表した「予言者的壁観のルーツとダルマ伝承」は、宗教学会の都合により学会誌がオンライン版のみになったために、紙面での参照が難しくなっています。著者名と論文名が検索項目として登録されていないせいでしょう。面倒でも以下のアドレスを辿り(雑誌名をクリック)、日本宗教学会のHPより「別冊」をダウンロードして、レジュメを直接ご参照ください。第二部会の211~212頁です。第三部会から二つ前に戻るのが早道。

『宗教研究』第88巻別冊 第73回学術大会紀要号 211-212頁。
第88巻別冊

 

なお、「本稿」の方は長文です。予言者的壁観のルーツに広がる、自我と非我(無我)の峠道を散策します。近日中にいずれかの大学の紀要に掲載する予定です。しばらくお待ちください。当ブログでダウンロードできるよう配慮してほしいとの問い合わせには、今のところ応じられません。また、プラハでのドイツ語講演につきましては、公開は次年度になります。獨協大学『ドイツ語学研究』誌に掲載予定。5月3日更新

Shigfried Mayer(宮村重徳)