2014年12月1日月曜日

ヴェーバー生誕百五十周年記念シンポジウムのお知らせ

2014年 12月 7日 (日曜日)   10時00分 から18時45分 まで

早稲田大学

シンポジウム実行委員会

ヴェーバー生誕150周年記念シンポジウム

「戦後日本の社会科学とマックス・ヴェーバー」

日時:2014年12月7日(日)10:00--18:45(開場9:30)
会場:早稲田大学早稲田キャンパス8号館B101教室

第1セッション 10:00-12:30

資本・信仰・ 支配への問い
        ―ヴェーバー生誕100年シンポジウムから半世紀

第一報告 資本の増殖欲求と勤労倫理  報告者 小林純(立教大学)
 第二報告 近代と宗教―禁欲的プロテスタンティズムと神秘主義
                 報告者 深井智朗(金城学院大学)
 第三報告 支配と法
       ―憲法「改正」問題についてのヴェーバー的読解の試み
                  報告者 水林彪(早稲田大学)
  討論者:荒川敏彦(千葉商科大学)、樋口陽一〔東京大学名誉教授)
  司会:中野敏男(東京外国語大学)

第2セッション 13:30-16:00

マックス・ ヴェーバーと現代社会の理論―民主主義・福祉国家・権力


 第一報告 民主的正当化・統制をめぐって―ヴェーバーと現代政治理論
                報告者 齋藤純一(早稲田大学)
 第二報告 価値自由と福祉国家―ヴェーバーからミュルダール、そして
       現代へ     報告者 藤田菜々子(名古屋市立大学)
 第三報告 権力論と社会的なものの概念―ヴェーバーとフーコーから
               報告者 市野川容孝(東京大学)
  討論者:野口雅弘(立命館大学)、三笘利幸(九州国際大学)
  司会:宇都宮京子(東洋大学)

総合討論 16:15-18:45

マックス・ ヴェーバーと近代/戦後日本

登壇者:第一、第二セッション報告者(6名)
    討論者:恒木健太郎(専修大学)、鈴木宗徳(法政大学)
    総合司会:中野敏男、宇都宮京子

主催:ヴェーバー生誕150周年記念シンポジウム実行委員会
予約:不要
資料代:500円

お問い合わせ:シンポジウム実行委員会(webersympo [at mark] yahoo.co.jp)
詳細 http://www.tufs.ac.jp/st2/club/weber21/