2013年11月26日火曜日

特定機密法案に反対します。強行採決に抗を、暴走する車輪に楔を!

 これは何の法案でしょうか?軍事国家への布石でしょうか?誰が何を何のためにどこまでを機密扱いととするのか、一切を曖昧の儘にして採決を強行するとは、真実を知る国民の権利を封殺し目晦ましをする、主権在民の原則を頭から否定する許しがたい暴挙的事件です。何を基準にそう判断するのか、第三者監察機関はどうなるのか、肝心な点を不明な儘に審議未了で強行採決することは、考える国民を蔑にし真剣に問う民衆(人格存在)を侮辱していると言わざるを得ません。
 若者たちよ、原発再稼働の問題と同様、無関心を装ってはいけません。快適なスマートフォンにうつつを抜かして、なし崩しに悪に打ち負かされるようであってはいけない。善きモノを欲して、平和の壁を背に敢然と抗議行動しなさい。
 父たちよ、一時の経済的うるおいに騙されず、兵役に引かれ行く子らのことを思って、国家の暴走に対してはきっぱりノーと言うべきです。「強行採決」には、断固として「無効!」の声を挙げて杭を打ち、「暴走する車の車輪に楔を」!打たなくてはいけません。たとえ、中国の挑発が目に余ると言えども。
 子たちよ、特定機密法案は戦争準備の法案です。戦争に及んで自らの手を血に染めるのがいやなら、正直にいやだと言いなさい!平和憲法を捨ててまで曖昧で怪しげな法案を通しても、得るところは何もない。そうでしょう?自分たちにつけを回すな、言論の自由が平等に保証される権利・命の平和を願う権利を奪うなと、声高に叫びなさい!(12月7日更新)
Shigfried Mayer(宮村重徳), copyrights © all reserved 2013, the Institute for Rikaishakaigaku