2011年3月13日日曜日

「波」に攫(さら)われる、生活世界の原風景

Die von den tobenden Wellen fortzureißende Lebenswelt als Ur-Landschaft
【4月13日更新】
2011年3月11日(金曜日)14時46分(日本時間)、「東北地方太平洋沖大地震」(正式名:東日本大震災)が目の前で起きた。先ずは、天災に見舞われた方々、犠牲者と残されたご遺族の方々に心からお悔やみを申し上げ、亡くなられた方に哀悼の意を表したい。外より見ればわたし自身が広域被災者の一人だとしても、書棚が転倒して専門書が「瓦礫の山」になった程度のこと、未曾有の激しい震動に書棚が耐えきれず、シェリングが先に落ちて下敷きとなり、その上にコントとフォイエルバッハが次々と床に叩き落とされて、足の踏む場もないほど山積した状態となった他は、危険が身に及ぶほどのことではなかった。いつも読めるように手前に積んでいたから先に落ちたまでで、意味ありげな解釈の紛れ込む余地などない。それにしてもひどい、まるで大地が酩酊しているかのように(als hätte der Boden einen Kater)、家屋・電柱・木々が上下左右にゆらゆらと足下で大きく揺らぎ、天地が軋み地平線が撓むようなあの奇妙な感触は忘れがたい。振度5でこうだ。では振度7でどうなるのか、想像を絶する悲惨な光景がリアルタイムで放映されている。
普段はのどかな漁村の風景、山間に開けた僅かな平地に突然激しい揺れが襲いかかり、家財道具が吹っ飛び、ぎしぎしばりばりと木造家屋が壊れていく。狼狽え絶句している暇など無い。津波警報が出て5分も経たない内に(あくまで体感、目撃情報では20分後)、すでに背後から囂々とうなりを立てて津波が押し寄せ、易々と堤防を越え瞬く間に町全体に襲いかかる。後ろを振り返らず手に何も持たず、着の身着の侭で高台へと逃れた人だけが間一髪で救われた。生死の分け目に紙一重の偶然、逃れるに5分の余裕もなかった。高台から見られた壮絶な風景、津波が押し寄せ、あっという間に町中の建造物を飲み込み、家も車も舟もすべてを押し潰し流していく。「家が…家が…」と絶句する高齢者、「お母さんがいない…」と泣き叫ぶ女の子、「妻が…子供がいない」と嗚咽する男性、「親がいない…連絡が取れない」と取り乱す女性、「一度に、仕事も職場も肉親も失った…、これからどうしたらいいのか」と肩を落とし呟く青年。いずれも、高台にいるからこそ言えたこと、残り大半の方々は必死に叫ぶ言葉を誰にも聴かれることなく、大「波」に攫(さら)われ濁流に呑まれて、未だに行方が分からなくなっていると。…
恐るべきはマグニチュード9.0の大地震より、人間の予測を遙かに越えて、壊滅的な働きをした巨大津波の方だろう。「なみ」(波)が巨大なうねり(die tobende Welle)となって押し寄せ、「工作的人間」(homo faber)の誇る社会建造物と人為的自然環境を容赦なくなぎ倒し、身も体も家も車もすべて攫っていった。同僚の山根一眞教授の被災地レポートによると、「海が見える場所、海岸に近い低地はことごとく破壊され尽くされていた。「津波に流された」という表現は正しくなかった。「津波にぶっ壊された」と言 うのがふさわしい。自動車は高速道路での正面衝突のように破壊されているものが多かった。爆撃を受けたような家屋は残骸が残っているのはまだましで、まっ さらな土台だけしかない建物が少なくなかった。被害のありようは、地域によって異なることも分かった。仙台の南、阿武隈川より南の破壊され尽くされた海岸沿いの地域は海砂が覆われてい たが、石巻市では湾の底に溜まっていたものなのか、ヘドロまみれの場所が多かった。地震発生から3週間、そのヘドロが乾き、悪臭を放つ粉塵として舞い始め ており」、呼吸器官への影響が心配される。「リアス式海岸が続く石巻市北上町から南三陸町へと続く細い道路、国道398号線は何カ所かが寸断され…、土盛りの上に鉄板を敷くなどの 応急工事で通行可能になっていたが、道路沿いの入江にある漁港、その奥に続く低地の集落は、巨大なハンマーを思いきり振り下ろして叩き潰したような光景が 続く。建物の上にちょこんと乗っているクルマ、民家に突き刺さっているトラック、海岸から離れた山の裾野に鎮座する漁船。仙台空港周辺では軽飛 行機が流されて1カ所に固まっているシーンも報じられていた。自動車が空を飛び、船は陸を進み、飛行機は水に浮かんで進む……、悪い冗談としか思えない光 景が、これでもかこれでもかと続き途絶えることがない。そして、数多くの方々の命が奪われた」。→ http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20110408/219368/ 
まるで、思う我の主観と客観(思惟と延長)・《私と外の世界》(Ich und Außenwelt)の合理主義的区別は自分勝手で恣意的だと言わんばかりに、また「神的自然」 (Gottesnatur)など所詮人間中心的考えの隠れ蓑に過ぎないとあざ笑うかのように、一瞬にして人間の集落を飲み込み一掃する自然の「猛威」(die tobende Welle)を、今私たちは目の当たりにした。科学を嗜む近代人の末裔である我々は、自然破局(Katastrophe)が神々の怒りでなく悪魔の仕業によるものでもない、深層にあるプレート(海面下の大陸の岩盤)のずれにより歪みが生じ地震波を生んで、巨大な「なみ」のうねりを起こしていること、現象が深層の変化に連動した結果を露わにしたに過ぎないことを知っている。としても、「なみ」のある喉かな生活世界が泥と油と廃材に塗れ、あたり一面どす黒い廃墟(Ruine)と化すまで僅か数十分の出来事、原風景の余りの変わりようを否が応でも見せつけられて、誰もが語る言葉を失い自失呆然としているのではないだろうか。
もはや、技術によって得た自然界の征服者たる立場を自負する、近代人(個と集団)の意識レベルの問題ではない。日本一の防災の技術を誇る町の堤防も、高度の情報や通信技術を駆使した最新の道具さえ全く何の役にも立たない現実を目の当たりにして、防災を軸とした都市計画の徹底的な見直しと文明論の仕切り直しを余儀なくされよう。主観とペルソーナ文化を誇る我々が自然を見くびり過ぎていたのか、それとも我々人間の科学技術の進歩が追いつかぬほど、自然界の奥行きが深いのか。世界の東西を問わず、我々がまだ、「叡智界」の住民でないことだけは確かである。
三陸海岸の住民たちは、過去の地震と津波の体験から高台移住の必要性を十分知っていたし、親の代から知らされていたはずだ。最新鋭の防波堤と度々の防災訓練にもかかわらず被災したのは、危険を承知の上で海岸沿いで家業を営み商いする方が便利であり、実際に楽だったからではないか。15メートル級の高波にも耐えうる鉄壁の防波堤を造ることが困難ならば、海岸3キロ以内の平地には宅地を造らせない、住宅地は高台のみとし、平地には耐震構造の高層建造物以外は原則禁止するほどの大なたを振るわないと、今回のような惨事が繰り返されることになろう。民主党が唱える「政治主導」(politische Führerschaft)は、ここでこそ必要とされよう。少なくとも、政治的手腕(Staats-klugheit)に技ありの力量(Begabung mit der Staats-kunst)が試されるのは、生活現場の現に其処である。
自然は法則的だとしても、その働きは一見して「無差別」である(例えば、地震や津波は襲う場所や人を選ばない)。問題は対応する人間の側にあり、「自分」のことを考え複雑に行動するから(一筋縄には行かないという意味で)厄介である。最小限必要となるのは、防災の圏域を越える商いや生活上の利便性に走らない・走らせない、全住民と役人たち自身の意識改革であり、次に自然の脅威と向き合う新たな町造りに必要な、「諒解ゲマインシャフト関係」の理解を徹底し、内外の危機管理を日常的に共有する関係を実現することだろう。そのためには、「自然と社会」のコンフリクトの原点に立ち戻って考える(「理解社会学」する)必要があろう。
「なみ」の問題解決は並大抵ではない、波紋するモノとヒトの知恵比べと言えよう。それはカントが指摘する、「叡智界」(または可想界、intelligible Welt)で働くモノ(物自体)の人格性の謎に迫る、難問中の難問(アポリア)である。ジンメルのように、両者の間をシンメトリーに捉えて済むわけではないと思われるが、シェーラーの天才的知性(共感論)でもってしても解決せず、最後は有機体的な「世界観の哲学」に挑み挫折を強いられた、非人格性(非人格化)を巡る実践理性の解釈課題である。無差別に働くモノの脅威に向き合うヒトの言語感性と技法(Kunst)の如何にが問われ、同時に我々の覚知或いは統覚(Apperzeption)の哲学的要件が、「現象学的社会学」(シュッツ)或いは「理解社会学の共感論的批判」(ギデンス)の目線で吟味されつつ、最後は「言葉と無」という上限下限の極み(大島淑子)から厳しく読み直されることになろう。

追記: 大地震による東京電力福島原子力発電所の一部損壊の事件は、単にエネルギー供給といった社会政策上の問題でなく、国民の命にかかわる重大な国家的危機管理の要件であるので、これについては三陸海岸の都市設計の問題と同様に、詳細は別途に論じることにしたい。なお、被災体験のみならず、各自の思い・ご提案をお聞かせください。随時、当ブログのコンテンツに反映して参ります。 

Shigfried Mayer, copyright all reserved 2011 by 宮村重徳, the Institute for Rikaishakaigaku