2016年7月22日金曜日

二〇一六年七月現在、研究経過報告

 右手にダルマの『二入四行論』、左手にアーレントの遺稿『精神的生』。取り合わせは偶然ですが、意外な共通点があって面白い。瞑想的生と活動的生をかけて何と解く、その心は精神的生?でしょうか。
 食する暇も惜しみ寝る暇も忘れて、僭越ながら、目下ダルマの『二入四行論長巻子』の訳注書を鋭意執筆中です。日本に戻ってこなかったら、ついぞ取り組むことも無かったであろう課題ですね、感無量です。小鹿が原野を駆け抜けるように、年甲斐もなく、充実した毎日、心が躍動して押さえるのに一苦労です。
 早稲田大学で開催される秋の宗教学会で、「ダルマの壁観と譬喩解釈 -宗教社会学言論考」を発表する予定。その一部成果を紹介できると思います。それから、三月に『独逸学研究』70号に公開したドイツ語論考の正誤表を作成中、次年度に各大学に配布する予定です。
Shigfried Mayer(宮村重徳)