2016年6月25日土曜日

イギリスの国民投票は拙速、すぐに揺り戻しが来るよ

 残留派と離脱派が拮抗していると思ったが、国民投票の結果には正直驚かされた。イギリス国民は欧州連合離脱を意思表示したが、必ずやしっぺ返しが来る。スコットランドや北アイルランドで国民投票が実施されたら、今度は各地でイギリスからの独立運動が再燃し、国家分裂の危機から窮地に陥るだろうと考えられる。すると、反動として揺り戻しが起きるに違いない。わたしはそう読んでいる。EU残留に期待をかけていたイギリスの青年たち、まだ決着がついたわけではない。あきらめず、時が熟するのを待ちましょう。まずは身の回りの経済的混乱を鎮めることが大事だね。

予想した通り、早速揺り戻しが始まった。今日付のドイツの代表紙ツァイトのニュースによると、イギリス国民投票の結果をめぐり、2度目の国民投票を求める声が広がっている。政府が設けるオンライン請願サイトに100万件以上、現在150万件に近い署名が殺到している。イギリスでは、新たに国民投票を行うには立法手続きが必要で再実施は難しそうだが、サイトに登録された請願内容は、「投票率が75%以下で、残留派か離脱派が60%に達してない場合は、2度目の国民投票を行うべき」というもの、政府に新しい規則の履行を求めている。
そもそもEU残留と離脱を巡る問題は、僅少差の過半数で決着すべき問題ではない。そうでないと、過半数の国民が切り捨てられることになるから、民主的国家に相応しくない。署名者は残留派の若者やビジネスマンが多いロンドン中心で、25日午前までに約116万件の署名が寄せられた。前日の24日には署名が殺到し、一時サイトが使えなくなったという。このサイトで署名が10万件を超えると、議会での議論を検討する対象になる。離脱の結果が覆るわけではないが、150万人の署名を政府が無視できるはずがない。今後の進展に注目したい。
日本の若者たち、7月10日(日)は君たちの出番だよ。(6月27日更新)
Shigfried Mayer(宮村重徳)