2014年9月27日土曜日

「げんてん」皆無の現状では誤謬推理だけが跋扈(ばっこ)しよう

【改訂新版】
 「ぜん」との「えん」にケノーシスの「わけ」あって、ハイデガーと取り組み、無名法師のダルマに魅せられるようになった。「ぜんにん」(禅門の人)を悲しませたり、(宗門が異なる)他の誰かを喜ばせたりする意図など毛頭もない。
 思うに、「波斯国胡僧」の祖師なしには、インド仏教はもっと早く滅亡していたのではないか。抽象的な無などどこにもない。無名とあえてなり歴史を避けて生きたヒト、「無となって働くモノ」に徹したこのヒトなしに、中国で大乗仏教が広まらなかったに違いない。このヒトの「かべ・かん」なしには、「ぜん・と」も不安、けごん・てんだい・ほっけの「あらかん」も安心して生きる道はなかったはずだ。そうではないだろうか。
 「ぶっきょう・と」が、「いすらむきょう・と」の侵攻で失われた「げんてん」の復刻を望む気持ちはよくわかる。しかし、サンスクリット語「げんてん」のあるなしで(有無が不透明なままで、訳経・偽経を論(あげつら)うのは非生産的な気がする。翻訳は解釈、新たな作品である。事後的なサンスクリット語化も「と」による再解釈に他ならず、「創作」となんら変わらない。ましてや、文字に依らない・サンスクリット語化による経典の権威付けを求めない「ぜん・と」を責め立て、中国撰述を理由に『けつぎ経』を「偽経」呼ばわりしたり、仏説的分別のあるなしで「けいきょう・と」を「外道」扱いしたりするのは意味がない、やめた方がいいと私には思われる。胡僧の祖師と向き合うことなしに「ぜん」文化の基が考えられないように、壁に共鳴する「けいきょう」現象を抜きにして、「ぜん」の燈史は語れない。
 以上あくまで私見だが、「げんてん」皆無!の現状では、ある「かのような」誤謬推理だけが跋扈(ばっこ)しよう。無いものねだりから来るルサンチマン(裁き合い)の応酬は、百害あって一利なしであろう。不毛な偽経論争に終止符を打つためには、経蔵の「ぶんけん」解釈学だけでもまだ足りない。律蔵・論蔵を含めた三蔵の「りかい」社会学が必要だと思われる所以である。何かのお役にたてばうれしい
 楔は大事なところにそっと打ち込まれる。ダルマの「是如安心者壁観」は楔である。宗派宗門の利害を超えた平和実現の礎、対話の「げんてん」となる。異論また反論があれば、喜んで傾聴したい。(10月19日更新)

Shigfried Mayer(宮村重徳), copyrights © all reserved 2014, the Institute for Interpretive Sociology Tokyo